中性脂肪高めは動脈硬化のもと

中性脂肪高めは動脈硬化のもと

健康診断で最も引っかかりやすい項目のひとつである中性脂肪の値があります。
普通に生活しているはずなのに、どうして高くなるのでしょうか?

 

健康診断で引っかかったことで、初めて中性脂肪値が高かったことに気づく人も多いと言います。
そのなかの多くは、普通に生活しているだけなのになぜ?と疑問を持つのだとか。そこで、中性脂肪値が高くなる原因について調べてみます。

 

中性脂肪値を高める原因とは?

遺伝や肥満、未診断の糖尿病など、中性脂肪値を高める原因はさまざまですが、もっとも影響が強いのは暴飲暴食です。

 

精製された炭水化物である白パンや白米、麺類、清涼飲料、お菓子やアルコールの過剰摂取は、中性脂肪値を高める大きな原因となります。

 

精製された炭水化物はインスリンの急激な上昇を招き、インスリンを作るすい臓に負担をかけます。

 

インスリンは炭水化物の消化に欠かせませんが、炭水化物を過剰に摂取するとその働きに不具合が生じ、消化しきれなかった炭水化物が中性脂肪の材料となってしまうのです。

 

また、アルコールも中性脂肪を分解する酵素の働きを低下させるため、中性脂肪値を高める原因となります。

 

肥満が中性脂肪を倍増させる

暴飲暴食などが原因で体内に蓄積された中性脂肪は肥満を招き、その肥満がさらに中性脂肪を高めるという悪循環になるのです。

 

肥満になると体内に脂肪が溜まりますが、太ももやお尻につく皮下脂肪や主にお腹まわりにつく内臓脂肪以外は、ほとんど全てが中性脂肪です。

 

肥満になると動かなくなり、エネルギーの消費が低下するが、食欲は変わらないため、余分な糖質や脂質が溜まってしまうため中性脂肪も増え、さらに太り、さらに中性脂肪も増える…という悪循環が起きてしまうわけです。

 

タバコも中性脂肪の原因に

タバコに含まれるニコチンには交感神経を刺激させる作用があるため、血圧を上げ心拍数を高めるなど、心臓に負担をかけますが、ほかにも次のような問題を引き起こします。
・中性脂肪の原料となる血液中の遊離脂肪酸を増やす
・善玉コレステロールの濃度が低くなる
・血液中のコレステロールが酸化し、粥状動脈硬化が進行する

これらは、いずれも動脈硬化を促進してしまう原因となります。

 

中性脂肪の基準値・数値

健康診断の血液検査の項目には、「中性脂肪」「TG」などと書かれている数値をチェックしましょう。
中性脂肪の基準値は、50〜149mg/dlです。
トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL以上だと、脂質異常症(高トリグリセリド血症)の可能性があります。

 

中性脂肪値が高くなるとどんな病気になる?

肝臓のおかげで中性脂肪の量はコントロールされているのですが、中性脂肪の値が高くなることで肝臓に負担がかかったり、肝機能が低下すると、皮下脂肪や肝臓などに過剰に脂肪が蓄積されて、脂肪肝になってしまいます。

 

そして、脂質異常症(特に高トリグリセリド血症)やメタボリックシンドローム、肥満などへとつながっていきます。

 

また、中性脂肪値が高まると、血管内壁の細胞が傷つき炎症が起こり、動脈硬化を引き起こし、動脈硬化によって様々な病気を引き起こします。

 

動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。

 

 

中性脂肪を下げるには

 

食事・食生活の改善

バランスのとれた食事に中性脂肪を下げるには、食事・食生活の改善は欠かせません。
ミネラル・ビタミン、食物繊維をバランスよく積極的にとるためにも緑黄色野菜を積極的にとりましょう。

 

中性脂肪を下げる運動

中性脂肪を下げるには、運動も重要です。
週150分の早歩きを続けるだけでも、肝臓の中性脂肪が減っており、脂肪肝・NAFLDの改善が期待できるによれば、週150分の早歩きを続けるだけでも、肝臓の中性脂肪が減っており、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の改善が期待できることがわかったそうです。

 

中性脂肪を下げる身近なおすすめ食材

サバなどの焼き魚、納豆、豆腐、豆乳、にんにく、タマネギ、そば、雑穀ごはん、アーモンド、ヨーグルト、黒酢、青汁、烏龍茶など

 

中性脂肪を下げるサプリメントを飲む

自炊の習慣がない人や、魚が苦手といった人は、思うように食事を変えることが難しいと思います。
そんな人には、青魚の中性脂肪低下成分DHA・EPAを中心とする成分をサプリで補うのがおすすめです。

 

緑茶にはさまざまな効果があり、緑茶に含まれるカテキンには中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。その他には、血圧の上昇を抑える作用、血糖値をコントロールする作用、殺菌作用などもあります。

 

また、中性脂肪を下げるお茶としては、ウーロン茶があり、ウーロン茶に含まれるウーロン茶ポリフェノールが、余分な中性脂肪やコレステロールが体外に排出されやすくなるのです。

 

他には、ローズマリーやフェヌグリークといったハーブティー、杜仲茶や減脂豆茶、ゴーヤ茶、シモン茶、ルイボス茶などのお茶も中性脂肪を下げるお茶と言われています。

リンク集

高吸収ポリフェノールサプリ紅珠漢

自然界最強ライチ由来のポリフェノールを小さく低分子化し、吸収されやすくした『紅珠漢』です。
安眠できる新しいマットレス【あんみん】

身体の曲がりを軽減し、正しい姿勢に近づくことで、安眠できる寝具となっています。
プラズマローゲンは認知の低下抑制成果

65歳以上の25%が認知の低下がみられます。その原因はプラズマローゲンの減少にあったのです。
ありがとうイカのコンドロイチン

イカ軟骨の新型コンドロイチンであるE型コンドロイチンを使用した 「ありがとうイカのコンドロイチン」です。
ダニ捕獲シートでダニを一網打尽

ダニ対策に、簡単・安全・清潔に使える「ダニ捕獲シート」販売促進プログラムです。
発酵食品で美容と健康をサポート糀の甘酒

糀の甘酒は手軽に必須アミノ酸やビタミンB群、オリゴ糖などの栄養価を補給できます。
おめがさんは「考える力」をサポートする成分たっぷり

おめがさんは「考える力」をサポートするための成分が豊富に含まれています。
FIRAマッスルサプリで激モテボディをGET

長年の研究から、乱れた食習慣を整え、スッキリボディへと促進させる注目の成分と言われています。
おめがさんは「考える力」をサポートする成分たっぷり

おめがさんは「考える力」をサポートするための成分が豊富に含まれています。
プラズマローゲンは認知の低下抑制成果

65歳以上の25%が認知の低下がみられます。その原因はプラズマローゲンの減少にあったのです。

中性脂肪高めは動脈硬化のもと記事一覧

【さかな暮らし】が血中中性脂肪を低下

有限会社マイケアさかな暮らし 機能性表示食品 高めの血中中性脂肪を低下させるマイケア【さかな暮らし】EPA600mg・DHA260mg配合のサプリメント、マイケア【さかな暮らし】は機能性表示食品です。 高めの中性脂肪を下げる! 肝臓での血中中性脂肪の合成を抑制することが重要です。血中に存在する中性脂...

≫続きを読む

 

ミリオンの「さらさら青魚」はさらさら効果を実感

ミリオン株式会社高濃度EPA 【さらさら青魚】とくとくコース初回割引キャンペーンミリオンの「さらさら青魚」はさらさら効果を実感していただくために、 高濃度EPA(さらさら成分)を配合いたしました。 さらにカプセルの苦手な方でも飲みやすい、 最小粒に挑戦しとても飲みやすいカプセルになっています。 ■ミ...

≫続きを読む

 

血糖値と中性脂肪の上昇を抑える「おとなの前菜」

UMIウェルネス株式会社血糖値と中性脂肪の上昇を抑える「おとなの前菜」『血糖値』と『中性脂肪』が気になっていませんか? 健康診断で引っかかった・・・美味しいものは我慢してるけど・・・ウォーキングとかもしてるのに・・・将来のことを考えると実は不安・・・「血糖値」と「中性脂肪」要注意!50代以上の男女・...

≫続きを読む

 

世界が注目するクリルオイル【オメガ3クリルS】

株式会社白鳥ウェルファーマ世界が注目するクリルオイル!製薬会社から生まれた安心安全な【オメガ3クリルS】100年続く老舗製薬会社開発〜販売〜アフターフォローのサプリメント! 製薬会社だから安心・安全!人の名前が出てこない・・・物の姉妹場所が思い出せない・・・同じ失敗をくり返す・・・外出するのがおっく...

≫続きを読む

 

イーマークSで血中中性脂肪がを約20%が低下

日本水産株式会社血中中性脂肪に作用する特定保健用食品【イマークS】ヒト実験の結果、 血中中性脂肪がを約20%が低下した結果があります。 血中中性脂肪に作用するトクホ(特定保健食品) 1日1本、4〜12週間の継続飲用厚生労働省が推奨している、EPA・DHAの1日の摂取量1000mgに対して、イマークS...

≫続きを読む

 

 
健康長寿 資金計画 保険の見直し 若く美しく 健康診断